[どこでも婚]

​呉で結婚式をする場所が無い …

無いものは作ればいい?!

 

自分達で結婚式をプロデュースする際に大きく変わってくるのが

会場選びです。

何も無い場所に会場を作る。

それは簡単なようで、なかなか大掛かりなもの。

下手すると、結婚式場で挙げるより時間もお金もかかった…なんてことも。

ここで一例を。

10年ほど前に実際に結婚式を行なった方の結婚式です。

ドレスのオーダーをご注文いただき、どこでお式をなさるのか聞いたところ

『 久井町の何も無い場所で、田んぼを借りて結婚式をする 』と!

​農業を営む旦那様ならではの選択です。

当時は手作りウェディングという言葉が流行りだした頃。

手作りというのは、どうも他人から見ると寒いものがありましたが

その会場はどこまでも手作りで

料理のお皿は切り株、グラスは竹を切ったもの。

バージンロードにワラを敷き詰め

会場の仕切りは組んだ竹を。

​やたらと料理のブースが多く、それは友人のほとんどが飲食業で

それぞれが持ち前の腕を振るった料理がゲストのテーブルを埋め尽くす。

友人たちは全国から、式の三〜四日前から泊まり込みで結婚式の準備に励む。

私には…で、できない!

そう。これは当たり前ではなく、これだけの力の入れようと

周りのプロたちの手で出来上がった結婚式。

できないことをするのではなく

できることをする。

そして

できないことは、プロに任せる。

あくまで、最初から無いと諦めないで。

​できることから見つけていきましょう。

『あれ?呉の街ってこんなにおしゃれだったかな?』
特別な想い出を作ったカップルはみんなそう思うでしょう。
婚+はふたりの住む街で上質な時間を演出します。