いつもは不便な帰り道。

​今日はバージンロード

[自宅婚のススメ]

キャンドルを置けば

。​そこが披露宴会場に

玄関の扉が開いた瞬間

​結婚式の始まりです。

さあ、結婚式を始めよう。

いつもの靴。​

​今日はおろしたて。

控え室の寝室が、花嫁の緊張を

和らげる。

デートで通ったレストランが、今日はお家にやってきた。

お披露目会なんだから…

家という選択肢?!

 

結婚を決めた時、まず始めるのは情報収集。

​結婚式場のブライダルフェアや、街のブライダルカウンターへ行く等など。

結婚式場やホテルなら、会場費を含めて料金がパッケージされていて

60名の規模で240万円程ですが

要望が増えることでオプションとして課金され

300万円を超える料金になることも。

現在はホテルやゲストハウスが主流ですが

元々は氏神様等の神社で行い、新郎宅に嫁入りし、

親戚縁者を自宅で、おもてなしてのお披露目会(祝言 )が行われてきました。

 

もし、会場に費用をかけないでいいなら…?

 

家とは、生活用品が入る前は意外と広いものです。

入居前の家を利用してお披露目会ができるなら?

美味しい料理を作ってくれる料理人に、

自宅まで来て料理を振舞ってもらえたら?

仲のよい友達も招いて一緒に祝ってもらえるなら?

昔に戻って自宅という選択肢も有りなのではないでしょうか。

 

20名程度なら、15畳のLDKにテーブルを置いてみんなで食事ができる。

立食ならもっとたくさんの人たちを招待することができる。

庭があれば、家が広ければ……夢が広がります。

 

新生活をスタートする時に必ず必要となる住まいを

結婚式会場に当てはめる。

日本文化として当たり前のことだったのに

近年では忘れ去られていた常識を

「婚+」は再提案いたします。

「婚+」は自宅婚をオススメします。

「婚+」が提案する新生活スタイル……

はじめよう自宅婚!

 

 

「婚+」は、自分達の家で結婚式(披露宴)を挙げること=自宅婚として提案します。

お二人の新生活を始める場所を、フル活用しませんか?

結婚式の披露宴会場にあてる予定の金額を、住居費用に充てるという発想に転換して、古民家をリノベーションする。

または、空き家になったおばあちゃんちをリノベーションする。

​はたまた…

自宅なら会場費用は必要ありませんし、その分豪華な引き出物や楽しい催し物に使えるかもしれません。

当然持ち込み料も必要なく、結婚式のために作ったコーディネイトは、お好みのインテリアそのままに、その後の生活にも取り込めます。

自宅婚は家のお披露目にもなりますし、生活の中に溶け込む結婚をしたあの日の思い出は、自分たちのカラダの記憶として残ることでしょう。